輪行とは?

 簡単に言うと自転車を袋に入れて公共交通機関に持ち込むことを言います

 

 JRの規定では

「サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は、解体し専用の袋に収納したものまたは、折りたたみ式自転車においては折りたたんで専用の袋に収納したもの」となっています つまり収納していないといけない そして大きさの規定もあるのでロードなどですと前後の車輪を外している大きさで袋からハンドルなどが飛び出ていない状態ですね

ここはミニベロのページなので 袋の中はこんな感じであれば いいわけです

バーディを輪講袋に入れる動画があったので ここでご紹介しますね

バーディは折畳が簡単で 走りもなかなか良い 非常にバランスのとれているバイクだと思います

 

では 輪行のメリットとデメリットをご紹介します

輪行の良いところ・・・

・自走で行けるところよりも遠くに行ったり片道のみ走行コースなどを選択できる

・突然の雨などの時に対応できる

・タクシーなどを使えばほぼ行けないところは無い また故障や事故等の時にも帰ってこれる

・基本的に手回り品なので料金がかからない

・帰り道を輪行にする場合などは ビールが飲める(ほどほどにね!)

  などなど 他にもメリットがありそうですが思いつく主なものを上げてみました

 

デメリット・・・

・重い・・・荷物が増える 普段の荷物+自転車ですからねえ・・・

・混雑しているところは行動しにくい

  などなど 自分の場合は 輪行と宿泊が絡む場合は宅配便などで送るを併用しています


 折り畳んで電車に乗せる 船に乗せる 飛行機に乗せることで遠くの観光地に愛車を持っていくことができます

 これは 今までの旅行とは違った魅力を味わえます

写真は しまなみ海道の生口島(瀬戸田)です この時も往復新幹線に乗せて行きました