ミニベロでも参加しやすい自転車イベント

 「久米島シュガーライド」に参加してきました!

久米島は 沖縄の那覇から飛行機で25分で行ける琉球の歴史と風土・文化を肌で感じられる島です

 

アクセスは主に飛行機か船 飛行機はJTA(日本トランスオーシャン航空)のジェット機1便と RAC(琉球エアーコミューター)のプロペラ機(50人乗り)が就航しており 気軽に行ける離島です

 

久米島の観光動画です 久米島ってこんなところ・・・

 

 

まずは 羽田から那覇へ飛びます(2時間半くらい)

 

 

島には大きなリゾートホテルが3軒あるのですが 今回宿泊したのが 「リゾートホテル 久米島アイランド」 ここが 今回の舞台「久米島シュガーライド」の受付であり スタート&ゴールになっているのです チェックインと同時に受付を済ませ 競技説明会に出席 ダンディな説明員さんのわかりやすい説明を聞きます

ちなみに この日東京は10度ちょっと 久米島は23度 ライドの日が26度でした 11月半ばですよ!!!とてもいいところです

ちょっと時間があったので 徒歩1分で行ける 「イーフビーチ」へ こんな素敵なビーチが すぐ目の前にあるなんて贅沢!

 

しかも 貸し切り状態!

吉田しばらく ここで 充電させていただきました

 


さて ここから翌日

 

シュガーライド久米島には 3コース設定されています

 

アスリートコース:島を2周し普段は入れない自衛隊の基地を通る

         いっぱい走りたい人向け=90km

 

ぐるっと1週  :名前の通り島を1周する達成感のある初級、

         中級者向け 45km

 

観光コース   :コースは45kmと同じではあるけど 私 

         吉田が提案し出来た きつい登り2か所を

         バスで登り その途中 ガイドさんが観光

         案内をしていただけるという 坂が嫌い、

         きついの嫌い、初心者には最高な企画の

         35km ミニベロでも十分に楽しめるおすす

         めコース

もちろん 自分は 35km 提案者ですからね ここで思いっきりミニベロを楽しもうというのが今年の趣旨です で 今回は この気持ちに賛同いただきました 埼玉のサイクルショップマスコの お二人とご一緒しました

 

 

 

スタート!

ホテルを出てすぐに 沖縄らしいこの景色がすぐにお出迎え 非常に気持ちいい・・・

ビーチを抜け 市街地を抜け ちょっとだけアップダウンあり 港の見える大きな橋あり ちょっと休みたいなあ・・・なんて思っていると 第1エイド 「あじまー館」へ到着

 

あじまー館は久米島町が設置した観光交流施設で学校のようなところ また町の人たちの施設としても使われているところで エイドには食べ物や飲み物、トイレなどもあり しばし休憩

そして 次のエイド 「ミーフガー」を目指します

 

あじまー館 付近は島でも割と交通量の多い地域ではありますが・・・

そして 市街地を抜け 空港が近くなると車は滅多にきません(笑)

空港前を通り ミーフガーへ向かう道 は 写真のように 非常に走りやすく気持ちのいい風景が広がります ただし この時期 季節風が強いことが多いです 島の人は穏やかと言っていましたが この日もそこそこ風が吹いておりました

本来であれば上記の写真みたいな道が ミーフガーまで続いているのですが・・・

 

秋に来た台風により この辺りは冠水 舗装のアスファルトが流され 仮復旧したばかり・・・ということで今年は 土を固めた状態が 数百メートル続いていました・・・

自然の力ってすごいですねえ・・・

 

そんなことを思いながら 第2エイド ミーフガー へ・・・

ミーフガー到着

 

別名 女岩と呼ばれております 見た目通りでございます・・・

 

ちなみに 島には 男岩というのもあり・・・興味のある方は調べてみてください

 

この後ガイドさんは 女岩の成り立ちを教えてくれました 観光のために作った・・・はい 興味のある方はぜひ現地まで足をお運びください(笑)

ここを出ると 45㎞コースは写真の親子が走る左奥上り坂が2段ありここを上ります よく見ると小さな人が上る姿がかすかに・・・

われわれ 35kmコースは ここから バスに乗り 坂道をジャンプします

 

いやーこれ最高 おいしいところだけを走れるなんて・・・

そして 数か所の観光ポイントに止まりガイドさんから 沖縄の歴史や風土、植物の話などいろいろ伺いました

 

がんがんに走るのもいいけど 自転車イベントに出ながらにして 久米島の歴史や文化、自然に触れるのってこれはまた格別

 

きっと普通の観光旅行では味わえない世界な気がしました

そして バスはこのコースの最高地点 「比屋定バンタ」へ

 

バンタ=絶壁のこと だそうで 非常に景色が良く はての浜 もここから見えました

さて ここからは ちょっとだけ アップダウンがありますが それを過ぎるともうあとは 長ーい下り道

 

つむぎ橋・てぃーだ橋という長ーい下り 非常に景色が良く ここを下るために走ってきたと言っても過言ではありません

あとは平地のみで 無事ゴール ゴール地点には 名物の車エビもふるまわれ ものすごく楽しめたライドでした

ゴール後 イーフビーチホテル内で出された昼食

 

カレーか沖縄そばかを選択できましたが 迷わずカレー! 腹減った

マスコさんご夫妻も無事にゴール 昼食をとりながら また来年も来たいね!ってお話してました

久米島は のんびりしていて 居心地の良いところ イベント後 車で若干ドライブ・・・もう4,5回来てますが 来年もまた来ます すぐに断言できます

アフターパーティ

 風が心地いい 最高!

 

エイサー

 太鼓の音が下腹まで響きます

醍醐味だなあ


地元の新聞にも掲載されました

 

 当初 自転車屋の立場として いかに多くのお客様に行ってもらうか・・・?ということで正直頭を悩ませておりました

 

 しかし 今年参加してわかりました 人数を増やすことだけが正解ではないことを・・・

 

 数を重ねていき 仲良くなる地元の方々や このイベントがご縁でお話させていただいた人たち また この人たちに会いに帰って来よう この地へ!

 

この気持ちが あればいいんだ!とうことを もちろんイベントですし 人が全然集まらなければ困ります

しかし 人数が多くてもきっとこのイベントは成立しないでしょう?むしろ 毎年(あるいはこのイベントを大切に考えてくれる方々)が また今年も当たり前のような 同窓会のような・・・そんなアットホームな世界 それがシュガーライドでは ないでしょうか?


番外編

最終日 はての浜 観光や ウミガメ館 バーディハウスなど 残りの時間を満喫しました 

 

語りたいことはいっぱいありますが それは来年 ご一緒した方とまた 分かち合いたいと思います

 

ですので このあと 写真のみアップします

楽しい時間もここまで

 

残念ながら 帰りの時間が近づいてきました

眼下には さっきまで 楽しませてもらった 久米島が・・・

 

今はもう 手が届かないところに・・・

そして現実の世界へ

 

今日も羽田は渋滞!ANA→ANA→ANA→エアチャイナ→JAL→JAL・・・・

 

7番目かあ・・・なんて機内WIFIで フライトレーダーを眺めておりました・・・

1週間が過ぎ 今 シュガーライド ロス 状態です 早く来年が来ないかなあ・・・

 

ロードやMTBのイベントは いろいろありますが  ミニベロにちょうど良いイベントって そう多くはありません このシュガーライドは まさに ミニベロで楽しめるイベントです

 

もし次回 行ってみたい という方は 吉田ルームまで メールください!

e-mail : charyyoshi@aol.com お待ちしております